わたしの巡る 食

何度でも訪れたくなる京都、
そして戻りたくなる宿。

千本丸太町で大人気!! もっちもちでふわふわなパン屋をご紹介!

具材たっぷりサンドイッチが魅力! 手作りパン工房「coneruya(コネルヤ)」

千本丸太町の京都市中央図書館の近くにある焼きたてが食べられるパン屋さんです。
中でもオススメなのが、具材がたっぷり入ったサンドイッチの数々です!
左写真を見てください!こんがり焼きたてのライ麦パンにたっぷりのシャキシャキレタスに海老カツをのせてその上にタルタルソースかけてコネルヤさん、大人気の「海老カツサンド」出来上がりです!

他にも厚焼き玉子が入った「ミックスサンド」ジューシーなとんかつを挟んだ「とんかつサンド」も絶品です!


手作り天然酵母のこだわりのパン屋 「落花生」

レーズン、小麦、ライ麦で起こした自家製酵母100%で、約20種類のパンを焼いています。
小麦は、北海道、熊本県、兵庫県の国産小麦をふんだんに使用してします。
季節によりフレッシュな生野菜や生の果実などの酵母パンも出ます!
中に入れる餡やジャムなどもすべて自家製です。

ほとんどパンは、卵、バター、牛乳などを使用していないため、酵母パンの独特な風味、香り、食感を楽しむことができます!

落花生さんは木曜日と土曜日しかオープンしておりません。そして、木・土曜日で販売している種類も違うのが特徴です!


挽きたて全粒粉で作る絶品パン!「パンスケープ」

パンスケープでは、小麦粉になる前の玄麦から工房内にある電動の石臼を使って自家製粉を使い全粒粉のパンを販売しております。
全粒粉とは、小麦をまるごと粉状にしたものです。
小麦をまるごと粉状にするので、小麦本来が持つ風味や香りがたくさん詰まっている味わい深いパンが出来上がります。
オススメは全粒粉100%の食パンです。
食パンはその日使う小麦を石臼で挽きます。
その挽きたての新鮮な全粒粉で焼き上げた食パンは普通の小麦粉で作った食パンとは、香りから柔らかさも違います。
全粒粉は通常の小麦粉で作ったパンよりカロリーが低いので健康にも良いところもオススメです。


焼きたてパン看板が目印!「ラ・モワッソン」

お店の名前であるラ・モワッソンは「小麦の収穫期」という意味です。
全て北海道の国産小麦を使って作られたパンは素朴でやさしい味わいになっています。
加工品や添加物に頼らないパン作りをされており、素材の味が引き出されています。
中でもオススメなのはカレーパン!
玉ねぎと牛ミンチを合わせたシンプルなキーマカレーなのですが、濃厚過ぎず、衣もカリッとではなくサクッとでもないラ・モワッソンさんオリジナルのキーマカレーパンは一口食べたらハマってしまいますよ。


千本丸太町には美味しいパン屋さんが多くあります!
Stay SAKURAの二条四季からはすべて徒歩圏内です。
京都の清々しい朝を散歩しながら朝食に美味しいパンはいかがですか?