わたしの巡る 史

何度でも訪れたくなる京都、
そして戻りたくなる宿。

伏見稲荷大社の秘密

伏見稲荷大社は、日本全国に約3万社あるといわれる稲荷大社の総本官です。稲荷神社は稲荷神を祀る神社のことをいいまして、稲荷神は、日本における神のひとつで、稲荷大明神、お稲荷様、お稲荷さんとも呼ばれています。
また、伏見稲荷大社の御祭神で五穀をつかさどる農業神である宇迦御魂(うかのみたま)は奈良時代の711年の2月初午の日にご鎮座になったと伝えられています。
稲荷大神は、五穀豊穣・商売繁昌・家内安全・諸願成就の神として、人々の篤い信仰を受けてきました。

伏見稲荷大社といえば、鳥居ですよね。朱色の鳥居がトンネルを作るように奥に奥にと立ち並ぶ「千本鳥居」が有名です。
伏見稲荷大社の代名詞といったほうがいいのかもしれませんね。
実は鳥居の数え方は「1本」「2本」ではなく「1基」「2基」の「基」と数えます。


「千本鳥居」は、私たち人間のいる世界から、神様のいらっしゃる世界へと続く門として建てられたのが始めるとされ江戸時代に奉納されたといわれています。
伏見稲荷大社にある朱色の鳥居はすべて奉納されたものといわれています。江戸時代では、願い事が「通る」もしくは「通った」というお礼の意味で、鳥居を奉納する習慣があったそうです。
現在では、願い事を叶えてもらうために奉納したり、記念日や会社の設立記念日に奉納したりなど、奉納する理由は様々です。
あの朱色のトンネルが江戸時代からの人々の願い事だと思うと感じ方も少し変わってくるかもしれませんね。


Stay SAKURA 伏見稲荷1・2に宿泊すると伏見稲荷大社まで徒歩5分以内!
月夜に照らされた千本鳥居は絶景です!