巡り宿

何度でも訪れたくなる京都、
そして戻りたくなる宿。

巡り宿

京町屋ってどんなものなの?

京町屋と言っても定義はさまざまございます。
一般的に敷地形状は奥行きが長く、その構造は伝統的な軸組木造になります。
外観の特徴として瓦のみ、従来の人との交流やふれあいを前提として商い、生産する建物であることでその外壁は通りに面し、隣の建物と近接し、軒を連ねているという特徴をもっています。

京町屋の原型は江戸時代に形成されたと言われております。

内装を詳しく記載すると庭があり、敷地の一番奥の往来から離れてくつろげる場所に造られるのが一般的であります。
中でも、商家の場合はくぐり戸を抜けると商売を営む「店の間」があり、その奥には玄関庭が作られている。玄関から裏庭までつながる土間を「通り庭」と呼びます。
客をもてなす座敷は建物のもっとも奥川にあり、簡素でも床の間が造られています。

また、往来に面している部分に格子を設置されているものも京町屋の特徴のひとつになります。
格子は屋外からは家の中が見づらい造りとなっています。室内からは外の様子がよく見えるため、家の中のプライバシーを守るとともに、来客、商品のお客様への対応がスムーズな点、格子は京町屋造りに重宝されていました。

格子のほかにも重宝して使われた造りがあります。
それは、虫籠(むしこ)窓と呼ばれる塗籠式の、目の細い窓です。虫籠窓は低い2階や屋根裏に取り付けられることがあります。虫籠と呼ぶのは、酒屋や麹屋で使用する「蒸しこ」や姿形が「むしかご」に似ていることから「虫籠」と名付けられたという説があります。
主に通風や採光のために使われていると言われております。

Stay SAKURA 町屋 燈では昔ながらの京町屋の造りした宿泊所です。

日本の歴史を感じながら京都を満喫しませんか?